*Minority Repor10*

ライブレポ * 音楽語り * たまに日常

【ライブレポート】ACIDMAN LIVE TOUR "INNOCENCE"/JMSアステールプラザ 中ホール

f:id:ta7cr5prm:20220413154326p:plain

※ツアー中につき、ネタバレにご注意下さい。
※アルバム『INNOCENCE』の楽曲以外は伏せています。(ファイナル後に再投稿予定)

 

2022年4月9日、私にとってACIDMANのアルバムツアー2ヶ所目となった、広島公演。
(現時点では私のツアーはここで終わりです・・・現時点・・・では・・・)

↓前回の福岡レポはこちら。

ta7cr5prm.com

 

福岡レポ同様、アルバム『INNOCENCE』の楽曲以外については、現時点では伏せさせていただきますが、
それだと前回の感想と重複するところが多々ありそうです…。
その為、MC多めのレポになっています。

 

前回は一悟さん(Dr.)側だったが、今回はほぼ中央側。
アステールプラザ自体が初めて足を運んだ会場だったが、さすがホール。段差もあって見やすかった。
ステージ全体が満遍なく見えたのは嬉しかった。

 

『Visitor』はピンク×緑の照明と大人めのボーカルやコーラスが合わさって色気を感じるし、
『歪んだ光』はとにかく最初から最後まで、どこを取っても3人の合わさる音がかっこいい。
一度体感してるにしても、改めて何度聴いても良いな、やっぱりライブの生音を浴びるって最高だな〜!と出だしからテンションMAXだった。

 

ステージに立つメンバーも本当に楽しそうで、もちろん福岡の時もそうだったけど、
今回はますます会場全体の盛り上がりを感じた気がする。
特にサトマさん(Ba.)、なかなかアグレッシブだったね。

余談だが、個人的な感覚で、
広島が特に元気であることは、どのバンドにも当てはまっている気がする。
某9が付くバンドマンの方も言われてました。
更に余談ですが、その9が付くバンドの(コロナ禍前の)広島公演では、3曲目でタオルが吹っ飛んでいき、その後大変だった記憶ががが…

 

そんなテンションの高い空間だったからかもしれない。
『灰色の街』のラストサビでサトマさんのキャップが飛んだ。
後半戦ならわかるけど、ここで取れるんだ!今回はしっかり目撃できましたよ!
(2回目は後半戦の『夜のために』でしたが、その瞬間は目撃できず…)

私、髪をなびかせて演奏するサトマさんが好みなんです。
その後の『Link』『ALE』2曲でNotキャップだった事は、なんという最高のご褒美なんだと思いました。

前回のブログでもお話しした通り、最近ALE推しつつもあり。
キラキラした照明の中でサトマさんが、少し見上げて笑顔で演奏するシーンがあって…もう天使すぎた。
大木さん(Vo.)の優しい表情と歌声も含め、胸がときめきすぎて泣いちゃいそうになった。

 

…と、序盤からがっつりサトマさん視点で書いてしまうのもそのはず、
広島公演はまさにサトマスペシャルだった。
先日45歳のお誕生日を迎えられたサトマさんは、何かと絶好調でした。
ちなみにその少し前には、44歳のお誕生日を迎えられた一悟さんも、相変わらずぶっ飛んでいました。
個人的にジワってるのがこのターン。

 

話をサトマさんに戻すとして、
ACIDMAN新参者の私、参戦回数は少なめ(その短いスパンの中で沢山行った方ではあるが)ではあるが、
その中でも今回が一番、サトマさんが生き生きと喋ってた気がする。

先日の福岡では、大木さん&一悟さんがコントを繰り広げた結果、「お前もなんか喋れよ!」的なツッコミをされ、オチとして喋る…みたいな感じだった。
今回はリズム隊が話をしている中で、ついつい大木先生が口を出し、トークが大木さんのターンに戻っちゃうんだけど(でもACIDMANらしくて良いけど)、
サトマさん、今回は何度か負けじと(?)「そういえば…」と、自分から喋ろうとしている場面があった。

大木さん「どうしたの佐藤くん今日はよく喋るね。」
と言わせる程度に。
説明下手であれですが…結論、広島のサトマさんは絶好調でした。

 

そんなサトマさんの花粉症の話が本当に面白かったです。

仲の良い3人を見ていると、本当に幸せになれます。

 

そんなほのぼの展開もありつつ、後半戦はやはり、
フロントマン大木さんの芯のあるメッセージを聞けたのが嬉しかった。

「皆も辛く孤独な夜もあると思う。
それでも音楽やライブを通じて…これはありがちな言葉かもしれないけど、
『1人じゃない』って思わせてくれる瞬間がある。
僕らと皆は、音楽で繋がってる"仲間"だと思ってます。」

ちゃんと大人になって、自分の稼いだお金で遠征してライブ会場に足を運んで、
ライブが生き甲斐で、時に音楽が好きな仲間とも出会えて。
最近は段々と"孤独ではない"と思うようにもなってきた。

だけどふとした時、世間から定義される"普通の幸せ"に対し、モヤモヤする事もある。

そんな時に、推しているミュージシャン自ら発してくれる、
"1人じゃない。"
には本当に救われる。
この瞬間、この空間に足を運んだ自分の事を、誇りに思うことが出来た。

 

そんなメッセージもあってからの、本編終了曲『ファンファーレ』が印象的だった。
特にコーラス部分、笑顔で歌うサトマさんと一悟さんのその表情が胸に刺さり、涙がボロボロ出てきた。
上手く言葉にできないけど…こんな世の中だからこそ、あえてポジティブな感情を伝えてくれる、そんなACIDMANらしい景色を見たような気がして。

"幸せだなぁ。"
ファンファーレを聴きながら、そんな気持ちを噛み締めていた。

 

アンコール。
巷でざわついていた、リズム隊バースデーサプライズのおはなし。
(記憶が曖昧でだいぶニュアンスです)

-----
アンコール開け、サトマさん&一悟さん登場。
大木さんが出てこないので、2人が「?」となる。

大木さん、『Happy Birthday to You』の曲を口ずさみながらケーキを運んでくる。
(そのケーキがACIDMAN公式Twitterに挙げられていたものです)

大木さん「プレゼント用意してるから。一悟くん欲しいって言ってたものあげる」(袋を渡す)

一悟さんへのプレゼントその①:プロテイン(2袋)

大木さん「まだまだあるよ!…あ、ごめんねみんなこんな身内ネタやって。終電大丈夫?」

一悟さんへのプレゼントその②:大木さんお気に入りのナッツ2缶

大木さん「まだまだあるよ(ニヤリ)」

一悟さんへのプレゼントその③:大木さんお気に入りのナッツ3缶(計5巻)

ナッツ缶をドラムのそばに置く。
大木さん「なんかドラムの一部みたいだね。」

大木さん「佐藤くんはスイーツかビールって言ってたよね。
ビールは荷物になっちゃうからスイーツにしてみた。」
(袋を渡す)

客席からも見える程度に袋が透けてて、先ほどのナッツ缶が入っていることが判明。

大木さん「まだまだあるよ(ニヤリ)」
大木さん、下手側の舞台袖へ捌ける。

大木さんとスタッフさんが「Ama○on」と書いてある段ボールを一生懸命運んでくる。
サトマさんへのプレゼント:大木さんのお気に入りナッツ10缶

〜完〜

-----

ナッツ缶、なかなかのサイズだったことにより、
サトマさん「ビールと大して変わらないのでは…?」

 

そんなこんなでアンコールが始まる。
アンコール曲は諸事情により伏せますが、
先程お腹が捩れる程笑ったコントが嘘みたいに、熱くて最高のステージだった。

何より、ここでも大木さんが伝えてくれたメッセージに心を打たれた。

所々で話してきたけど、ACIDMANというバンドにいきなり恋をした、あの瞬間のことは今でもよく覚えている。
今となっては1つのツアーで複数公演申し込んだり、遠征するまでにもなった。
だからこそ、"見つけてくれてありがとう"の言葉は本当に嬉しい。
そんなのこっちのセリフだよ。
私の人生の一部になってくれて、心からありがとう!

 

終演。
サトマさんの元にあるナッツ10缶に対し、大木さんとサトマさんが拾い集めて抱えながら退場したシーン、あまりにもシュールすぎて最後の最後まで笑ってしまった。
笑いあり、涙あり、熱量全開な広島公演、本当に本当に楽しかった。

 

最後に。
コロナ禍になり、かなり変わってしまった"ライブの在り方"。
実はそれが徐々に緩和されてきているのも事実。

コロナ禍以降で私が参戦したライブでは今回が初めてだった。
”大声はダメだけど、マスクはつけたままだけど、笑い声であれば許されている"
とミュージシャン自らが伝えてくれたことは。

今までも、MCが面白くてどうしてもつい笑ってしまうことはあったが、
今回は、少し声を出して笑うことに対して安心して行えたことは、精神的にも大きかった。

これらの諸々のルールを見直してくれた方々に全力で感謝している。
それと同時に、最初の緊急事態宣言が発令されてからのこの2年間の間で、
ミュージシャンの皆様、ライブイベント関係者の皆様によって、
"きちんとルールを守ったうえで、正しく音楽を楽しむ。"
そうなる様に徹底して、諦めないで居てくれた事が本当に大きいと思っている。
改めて、音楽業界に関わるすべての方々へ感謝を申し上げます。

まだまだ不自由なことはあるけど、
今のこの状況は、確実に未来への希望へと繋がっていると、
変化は少しずつかもしれないけど、いつか絶対に戻ってくると、
そう信じていいんだって、この日強く思いました。

 

そして恐らく私にとってのINNOCENCEツアーはこれで最後になります。寂しい…。
無事にツアー完走できますように!
ACIDMAN、これからもずっと大好きです。次はSAI、楽しみにしています!